そもそも「不貞」とは?どんな行為があれば「不貞」なのか? | 熊本の離婚・慰謝料請求に強い女性弁護士

弁護士法人ときわ法律事務所
WEB相談も受け付けております
096-277-6010

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日・祝日

そもそも「不貞」とは?どんな行為があれば「不貞」なのか?

裁判で「不貞」を認定してもらうために提出する証拠としては,どんなものがあるでしょう? 以下のようなものが考えられます。 不貞とは? 既婚者(配偶者のある人)が,配偶者以外の異性と,性的な関係を持つこと。 この「性的な関係」というのは,セックスなど,性的な意味合いのある身体的な接触を持っていることを意味し...

どんな証拠があれば,「不貞」が認められる?

裁判で「不貞」を認定してもらうために提出する証拠としては,どんなものがあるでしょう? 以下のようなものが考えられます。 写真や動画 行為中の写真や動画を撮影して保存していたり,LINEやメールで相手に送るなどしていて,PCや携帯電話をチェックした配偶者がこれを見つける…ということは,意外によくあります。こういった写真や動画は,不貞の証拠になります。 「勝手に携帯を見て盗...

婚姻関係の破綻-「性的な関係」の証拠があっても,慰謝料が認められない場合

婚姻関係の破綻とは? 戸籍上はまだ「夫婦」であっても,夫婦としての関係が完全に壊れてしまっているような状態です。 「もう夫婦とは言えない」関係であれば,同居する,養う,自分以外の異性と性的な関係をもたない(貞操義務)といったことを相手に求めることもできません。したがって,「夫」や「妻」以外の異性と性的な関係...

挿入がなければ「不貞」ではない?

目次 1.挿入がなければ「不貞」にならない? 2.挿入なしの場合,挿入ありの場合と比べて,慰謝料は少なくなる? 3.どういった行為があれば「不貞」が認められる? 最近,立て続けに何件か「男性器を女性器に挿入した確たる証拠がないので,『挿入がない。したがって,不貞ではない』と言い張られるのではないか?」,「挿入なしの場合,挿入ありの場合と比べて損害は小さく,慰...

年間相談件数100

相談実績3000の弁護士が解決までしっかりサポートいたします。

熊本で離婚問題にお困りの方は
ときわ法律事務所に
ご相談ください!

096-277-6010

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日・祝日

メールで相談する24時間365日受付